気を配るべきポイント

Permalink

思いもよらず交通事故の被害に遭い、示談交渉をすることとなった人も見受けられます。事故の被害者となるだけでもつらいことなのに加えて、不用意な方法で示談に臨むと、さらに嫌な思いをするはめにもなり兼ねないので、注意する必要があります。そのようなリスクを減らすために、示談交渉の際に押さえるべきポイントを、前もって知っておくことが大切です。

交通事故などの発生した際、当事者である加害者・被害者の双方の話し合いにより、損害賠償の金額や支払い方法などを決定して問題の解決を図ることを、示談と呼んでいます。示談の交渉に於いて、加害者から被害者に対して損害賠償金が支払われること、及びその金額が決定し、被害者がお金を受け取ると、それ以降の損害賠償請求を一切行なわないという約束をしたことになります。

示談交渉は、自ら行なうこともできますが、自動車保険に加入していれば、保険会社の担当者が代行してもらうことが可能です。これは、交通事故の被害に遭った時だけではなく、加害者となった場合でも同じことです。ただし、自分の車が停車している時に一方的にぶつけられるなど、「事故の過失が全て加害者にある場合、被害者の加入している保険の担当者は、交渉を行なうことができない」という点に注意する必要があります。