交通事故発生から示談金を受け取るまで

気を配るべきポイント

Permalink

思いもよらず交通事故の被害に遭い、示談交渉をすることとなった人も見受けられます。事故の被害者となるだけでもつらいことなのに加えて、不用意な方法で示談に臨むと、さらに嫌な思いをするはめにもなり兼ねないので、注意する必要があります。そのようなリスクを減らすために、示談交渉の際に押さえるべきポイントを、前もって知っておくことが大切です。

交通事故などの発生した際、当事者である加害者・被害者の双方の話し合いにより、損害賠償の金額や支払い方法などを決定して問題の解決を図ることを、示談と呼んでいます。示談の交渉に於いて、加害者から被害者に対して損害賠償金が支払われること、及びその金額が決定し、被害者がお金を受け取ると、それ以降の損害賠償請求を一切行なわないという約束をしたことになります。

示談交渉は、自ら行なうこともできますが、自動車保険に加入していれば、保険会社の担当者が代行してもらうことが可能です。これは、交通事故の被害に遭った時だけではなく、加害者となった場合でも同じことです。ただし、自分の車が停車している時に一方的にぶつけられるなど、「事故の過失が全て加害者にある場合、被害者の加入している保険の担当者は、交渉を行なうことができない」という点に注意する必要があります。

交通事故の示談交渉

Permalink

不慮の交通事故に遭うと、それだけでもつらい気持ちになります。それに加えて、示談交渉の準備を怠ると、さらに不快な思いをすることにもなり兼ねません。そうした事態に陥ることのないよう、示談交渉をする際に気を配るべき点を、あらかじめ理解しておきましょう。

示談交渉では、交通事故などの当事者同士が話し合いをして、損害賠償金の額などを決定し、問題解決を図ります。この話し合いがまとまり、被害者が示談金を受け取ると、以後の損害賠償を一切しないと約束したこととなります。示談の交渉は、自分でもできますが、加入している自動車保険会社の担当者に、代わりに行なってもらうことが可能です。ただし、全ての過失が加害者にある事故では、被害者側の保険担当者は交渉をすることができません。

示談が成立すると、民法の「和解契約」が成立したこととなり、示談金の額は自由に設定できます。ここで、本来支払われるべき示談金の額を知らないと、不当に少ない示談金で泣き寝入りしなくてはいけなくなるリスクが存在します。ちなみに、示談交渉で決まった内容を記した書類のことを、「示談書」と呼びます。示談書は、法的に効力のある書類です。

このサイトでは、交通事故が発生してから、被害者が示談の交渉に臨み、示談金を受け取るまでの流れについて詳しくご説明します。皆さんの中で、そのような状況に置かれている方は、是非チェックして、実際の生活場面で役立てて頂ければ幸いです。